天晴れ介護サービス総合教育研究所では、介護現場をよくする研究・活動を行っています

          Since2015  http://www.appare-kaigo.com/

    「介護現場をよくする研究・活動」それが私たちの仕事です。

天晴れ介護サービスの日々の活動はコラムからご覧頂けます。

介護現場をよくするプレミアムコラム

何でもやらないと…?何でもやらせてもらえる…!?

とある看護師さんの話です。

その方は以前は大きな病院に勤めていたのですが、
その後「○○医院」といった、
地域の開業医で働くようになりました。

以前は整形外科とか循環器科などと分かれていて、
また、レントゲン技師や検査技師さんなどもいて、
分業されていたのが、
小さな病院では全部やらないといけない。
何でもやらなきゃいけなくて、
覚えることが多すぎて大変、と、漏らされていました。

これは介護の仕事でも言えることで、
僕の経験の中では、グループホームがそれに当たります。
利用者さんの人数こそ少ないとは言え、
通常施設で行なう介助に加えて、
食事の支度(献立の立て方、買い物も含む)、
外出支援、地域との連携、行政対応、ご家族との関係、
契約、入居受付、見学者対応、医療との連携、などなど。
本当に一施設が持つ機能を全て引き受けているような、
そんな感じでした。

確かに「何でもやらなきゃいけない」、のですが、
「何でもやらせてもらえる」ということもできます。
僕としては、「何でもやらせてもらえる」という点で、
ものすごくたくさんのことを学ばせてもらいました。

小規模な会社ほど、
「何でもやらせてもらえる」ことに意味を感じないと、
辛くなってしまうのかもしれません。

ある人が書いていました。
「学ぼうと思えば感謝。楽をしようと思えば不満」
これは名言ですね!(^^)

 

2009(平成21)年1月